HOME » リスク回避のための投資マンション売却Q&A

リスク回避のための投資マンション売却Q&A

賢いオーナーの投資用マンション売却テクニックとは?

投資用マンションの売却をできるだけ早く、より高く売却するためのテクニックをまとめています。

投資マンションを所有しているオーナーの方であれば、「投資は、出口戦略がカギを握る」ことはご存じの通り。すなわち、売却のタイミングを見誤らないことがリスク回避となるわけです。

とはいえ、具体的にどのタイミングで売却するのがよいのでしょうか?いくつかのタイミングを紹介します。

>>失敗しない出口戦略のポイントとは?

売却にかかるお金はどれぐらい?

売却時に譲渡所得を得た場合、確定申告を行い税金を納めなければなりません。また、仲介業者を通じて売却すれば仲介手数料もかかります。

このほか、売却時にかかる諸経費をあわせると数百万円になることもあり、出口戦略を練るうえで大きな負担になることも。

しかし、節税テクニックや仲介手数料を下げるテクニックを知っておけば、こうした諸経費を抑えることも可能です。

税金や確定申告、また仲介手数料などお金に関する情報を詳しく紹介します。

>>確定申告はどうする?

>>仲介手数料の相場は?

一括査定サイトは使うべき?投資マンション売却会社の賢い選び方とは?

当然のことですが、売却を依頼する会社選びは慎重に行うべきです。

最近では、ネットで一括査定ができるサイトも現れており、見積もり感覚で物件の相場がわかる便利なツールとして話題となっています。

しかし、中古車の一括査定サイトなどと違い、不動産の場合は「買主は不動産会社ではないこと」が注意点。つまり、見積額=売却額と思って計画すると、とんでもない誤算が生じる可能性もあるのです。

いずれにせよ、業者の特徴もふまえて比較することが業者選びの大切なポイントとなります。そこで、早く、高く売るための業者選びのポイントをまとめましたので、こちらもご一読ください。

>>一括査定サイトってどう?

>>高く早く売るための売却会社選びは?

コストを抑えたい方に朗報!所有権移転登記費用の節約術とは?

不動産投資で結構ばかにならないのが、書類作成にかかる諸経費です。これは司法書士に依頼して作成してもらうと、相場は20万以上かかることもあります。

しかし、これら書類にかかる諸経費は、自分で書類作成をすることで0にすることができ、大幅な経費節約を狙うことができます。

所有権移転登記のために必要な書類と方法について紹介します。

>>業者に依頼せず自分で所有権移転登記を行うには?