HOME » リスク回避のための投資マンション売却Q&A » 一括査定サイトってどう?

一括査定サイトってどう?

マンション一括査定サイトのメリット

中古車の一括査定サイトはテレビCMなどでもおなじみですが、これと同じようにマンションの一括査定サイトも最近増えています。

一括査定サイトを利用するメリットは、便利であること。フォームに物件情報や連絡先などを入力して送信するだけで、複数の会社から見積もりの回答が得られます。従来のように、一社一社の不動産会社から資料を請求したり見積もりを依頼したりする手間が省けるというのが大きなメリットでしょう。

また、エリアや投資用物件のみ扱っている会社など細かく指定できるので、会社選びの参考として売却のビギナーが利用するケースが多いようです。もちろん、何社に依頼しても無料で見積もりが得られます。

マンション一括査定サイトのデメリット

一方、多くの会社に見積もりを依頼すると、その後電話がガンガンかかってきます。

他社に依頼されていることが明白なので、他所よりいち早く連絡を取りたいと連絡してきます。クイックレスポンスという意味ではうれしいのですが、あまり多くの会社に依頼すると対応が大変です。

また、他社より有利になるよう査定額をあえて高く提示する業者もいるようです。

注意しなければならないのは、査定額は必ずしも売却額とは一致しないこと。不動産会社は仲介業者であり、購入者はあくまで買主です。この点、中古車の一括査定サイト(直接取引)とは違う点でしょう。

一括査定サイトで投資マンション売却を行なう際の注意点

他にもまだ注意すべきポイントはいくつか存在します。利用した後の連絡攻撃も厄介ですが、より面倒なこと、厄介なことは多いです。ここでは、そんな注意点について紹介しましょう。

目的に応じて査定方法を選ぶ

査定には、種類があります。1つは「簡易査定」であり、もう一つは「訪問査定」です。

一括査定は基本的に簡易査定での査定となり実際の査定額とは異なることがほとんどです。そのため、詳しい査定額を知りたい場合は一括査定ではあまり参考にならないこともあります。よって、詳しく調べたい時は訪問査定で詳しく調べて査定してもらいましょう。

しかし、訪問査定には時間がかかるため、一括査定で査定額が高かったところに訪問査定を依頼するなどして査定額を出してもらったほうがおすすめです。

査定価格を鵜呑みにしない

査定で最も注意すべきことが、査定額を信じすぎないということです。査定額はあくまでも査定額であり、鑑定額ではありません。不動産の売買は仲介業者による取引が間に挟まれていることが多いため、査定額がそのまま売却価格というわけではないのです。

そのため、実際の売却額は少々異なります。場合によっては査定額よりも高くなることもありますが、逆に安くなったという可能性もあるのです。そのため、査定額はそこまで鵜呑みにせず、あくまでも参考程度という判断にとどめておきましょう。

媒介契約に注意

不動産売却には、仲介人による媒介があります。この仲介人によって、こちら側は売り手を探しやすくなり、書いては物件を探しやすくなるのです。これを媒介契約といいます。

この媒介契約ですが、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の三種類の契約があり、それぞれ特徴が異なります。どれが優れているのかということは会社によって異なるので一概にいえません。よって、会社を検討する時は慎重に行ないましょう。

仲介業者を見極めるポイントとは

投資が目的で不動産物件を購入するのであれば、売却時の価格は1円でも多いほうが良いです。そのため、多くの不動産会社に見てもらい、査定額を比較するのが最も確実です。一括査定は、そんな手間を大幅に短縮できます。簡易的な査定で高く買い取ってくれる業者に目星をつけ、そこから訪問査定で見てもらえばより詳しく知ることができます。

高価売却のためには手間を惜しむのはあまり良いことではありません。しかし、省いても特に問題のない手間はできるだけ省きましょう。特に不動産の物件は時間をかければかけるほど価値が下がりやすくなってしまうため、売ると決めた時は素早い行動が要求されます。

仲介業者の規模

仲介業者を選ぶ時、大手、もしくは中小のどちらかに依頼することになります。この時、どちらがお得なのかご存知でしょうか?答えは、中小企業です。

大手業者は確かに実績が高く、独自の販売ルートが多いので販売力が高いです。それに対し、中小企業は大手に比べて宣伝力に乏しく、顧客の絶対数も全く違います。よって、中小企業は顧客を確実に得るために親身になって対応していることが多いです。

さらに、仲介手数料の面などでも、実は大手に比べると優遇していることが多いのです。なぜなら大手と比較すると宣伝費などに費用を回していないため、その分手数料などを優遇しているからです。

もちろん、大手にも中小企業にない魅力はたくさんあり、安定しているというのは非常に魅力的です。しかし、少しでも高価売却を狙うのなら中小企業に依頼しましょう。

成約件数の今昔

大手はなぜ安定しているか。その理由が「成約率」です。大手不動産会社は中小に比べ独自のネットワーク量が多く、人員も多く動かせるので営業力が強いです。

不動産物件を売却し、お金に買えるためには買い手が必要です。そのため、不動産物件を売却する際により多くの人が物件を見てくれる大手不動産業者の方が安定しています。

しかし、それは以前の話であり、現在ではレインズ(不動産物件情報交換のためのネットワークシステムのこと、大手・中小問わず様々な不動産業者が加入し、情報を共有している)に登録すれば日本中どのような場所でもネット回線がつながれば情報を知ることができるため、大手・中小の成約率の違いはなくなりかけています

そのため、中小に依頼したほうがメリットは多いといえます。

検討している段階なら信頼できる会社へ相談を

そもそも査定を依頼するマンションは、いまが売り時なのでしょうか。

一括査定サイトで出た査定額だけで、売った方が良いかの判断をするのは大変危険。

確かに、自分で売り時を判断できる投資のプロであれば、一括査定サイトを利用する価値もあるかもしれません。

しかし、売却のタイミングは長期的な資産形成や税率の変わり目など、さまざまな観点をもとに総合的に判断するもの。

一度もプロに相談することなく、一括査定サイトで一番高かった会社と契約を結んで売却するほどもったいないことはないでしょう。

本当に売るタイミングはいつなのか、自分が納得したうえで売却するためにも、専門のコンサルタントがいる会社へ相談することをおすすめします。

>>知らないと損する!?マンション売買の仕組みとは