HOME » リスク回避のための投資マンション売却Q&A » 高く早く売るための売却会社選びは?

高く早く売るための売却会社選びは?

マンション買取業者と仲介業者の違い

マンションなど不動産物件を、より高く、より早く売れるとして、自社でマンションを買取る不動産会社が人気のようです。

買主は不動産会社。売主から買取したマンションをリフォームまたはリノベーションを施して売却する、というのがマンション買取業者のスタイル。中古車の買い取り業者とも似ていますね。

これに対し、従来の仲介業者は買主を見つけるために売却活動を支援するというスタイルです。買主が現れるまで仲介契約を更新することもできますが、売主の心理としては早く売りたいところでしょう。

その点、買取業者であれば条件さえあえばすぐに売れるので、売主にとっても安心できます。

仲介業者の注意点として、早い段階で値下げを要求してくるケース。例えば専任媒介契約の場合、契約の有効期限は3カ月ですが、次の契約の前に値下げを迫ってくることがあります。

もちろん、市場価格より高い場合は値下げも必要でしょうが、そうでなければ両手取引の囲い込みを行っていることも考えられます。

これを防ぐには、最初に複数社に見積もりを取り市場価格を見極めておくことが重要でしょう。そのうえで、市場価格より極端に低い額を迫ってきたら囲い込みをしている可能性があるので注意です。

マンション買取業者の見極め方

マンション買取業者には、仲介手数料は不要としている会社もあれば、仲介手数料がかかる会社もあります。

自社で買い取るのに、なぜ仲介手数料が必要なのでしょうか。これは、自社で売却するより他の不動産会社に仲介したほうが売れる可能性が高くなることがあるからです。

しかし、この仲介手数料を利用して悪質な取引を行う業者もいるので、注意が必要です。

例えば、市場価格よりかなり安い買取額を提示してくる業者。数社に見積もりを依頼していれば、こうした事態を防げますが、いろいろ条件をつけて価格を安く迫ってくる業者もなかにはいるようです。

一般的に買取の場合、市場の不動産相場より安くなりがちです。これは、リフォーム・リノベーションなどを施して販売するため。売値を市場価格に合わせなければ売れないため、買取額を抑える傾向にあります。

しかし悪質な業者には買取価格を安くして、他の仲介業者の両手取引に加担しているケースもあるようです。早い話、業者同士がつるんで仲介手数料で儲けようとしているわけです。

いずれにしても、複数の会社に見積もりを取って買取価格の相場を知っておくことも大切。それが、会社選びを慎重に行うためのポイントです。

>>信頼できるマンション買取業者はこちら