HOME » 【特集】知らないと損する投資マンション売買のしくみ

【特集】知らないと損する投資マンション売買のしくみ

早く、高く売るためのマンション売買の鉄則

不動産売却を検討されている方であれば、「できるだけ早く売りたい」「より高い値で売りたい」と思うのは当然のことでしょう。そのためには、マンション売買のしくみをしっかり理解しておくことが大切です。

ここでは、取引形態や仲介手数料の違いなどマンション売買の基礎知識から、より早く・高く売るためのポイント、さらには業者選びの際に注意したいポイントなどもまとめています。

マンション売買の取引形態を知ろう

マンション売買には、いくつかの取引形態があります。大まかにわけると、「仲介業者を通す場合」「仲介業者を通さない場合」の2つになります。

仲介業者を通す場合

不動産業界の隠語に「片手取引」「両手取引」といった言葉があります。これらの意味をご存じでしょうか?

仲介をメインとする不動産会社では、仲介手数料が主な収益源となります。手数料といっても不動産のように高価なものだと、その額は100万円以上にもなるのです。

仲介手数料は、売主からも買主からも得られます。このうち、売主・買主のどちらか一方から得る取引を片手取引売主・買主の両方から得られる取引を両手取引といいます。

もっともオーソドックスなのが片手取引で、ほとんどの不動産取引がこの形態です。

>>片手取引の仲介手数料の相場を知る

一方、不動産会社にとって“おいしい取引”が両手取引。1つの物件に対して、売主からも買主からも手数料がもらえるため、どの会社も望む方法だと言われています。

しかし、この取引が売主にとってデメリットとなることもあります。特に「囲い込み」という方法が問題となっており、売主とトラブルになるケースも増えているようです。

具体的にどのようなケースがあるのか、また売主が注意しなければならないポイントなどをご紹介します。

>>両手取引のケースと注意点について

>>「囲い込み」の注意点

仲介業者を通さない場合

ここ数年、仲介業者を介さずにマンション売買を行う「直接取引」が増えています。直接取引の代表的なものとして、不動産会社が買い取る形態があります。

買取と聞くと、「仲介で売却するより安くなる」というイメージはありませんか?

確かに市場価格より安くなる傾向にありますが、仲介手数料がかからない業者も増えており、会社によってはその分を買取額に還元してくれるなど、より高額で買い取ってくれる業者も現れています。

そして何よりも、条件さえ折り合えば早期売却が可能ところも魅力です。こうした直接取引の実態について詳しく紹介しましょう。

>>メリットだらけ?直接取引をもっと詳しく