HOME » 【特集】知らないと損する投資マンション売買のしくみ » 仲介業者を通す場合2(両手取引)

仲介業者を通す場合2(両手取引)

不動産売買の「両手取引」とは

両手取引とは、売主と買主が同じ不動産会社を通じて売買する取引のこと。

例えば、所有する不動産物件を手放したい売主が「A不動産会社」に売却を依頼します。

一方、不動産物件を探している買主も「A不動産会社」に購入を依頼。

買主は売主が所有する不動産物件や売却条件などを見て売買取引が成立すると、売主も買主もA不動産会社に仲介手数料を支払うことになるのです。

不動産会社からすれば、1つの物件に対して売主からも買主からも仲介手数料がもらえる、“おいしい”取引でしょう。こうした取引を不動産業界では「両手取引」と呼ばれています。

両手取引は売主にデメリットになることも

不動産会社からすれば、仲介手数料が片手取引の2倍もらえるので、両手取引を狙いたいところです。

しかし、これを意図的に行っている業者もあり、売主にとってデメリットとなるケースもあります。

例えば、いつまでも売却できないというデメリット。売主の物件を何が何でも自社で売るために、他の不動産会社から売主の物件について問い合わせがあっても、「交渉中なので案内できない」といったウソをつく業者もいるようです(これを業界用語で「囲い込み」といいます)。

また、いつまでも売れないと余計な手間やコストがかかるので、売却価格を値下げされるなど、市場価格より安価で取引されることも稀にあります。

そもそも売却価格を値下げしても、売主・買主の両方から手数料をとれるので、不動産会社からすれば痛くも痒くもないわけです。

このように、両手取引は不動産会社の利益追求につながる一方、売主にとってデメリットになることが多々あるのです。

売主にメリットが多い「直接取引」も検討しよう

上記のようなデメリットを防ぐ方法として、いま注目されているのが「直接取引」を行っている不動産会社に依頼する方法です。

直接取引とは、売主の不動産物件を不動産会社が買主となって買い取ってくれる取引形態。

不動産会社が買主ですから、売却時の仲介手数料が生じないところもありますし、会社によっては仲介手数料の分を物件の額に還元し、市場価格により近しい売却額で購入してくれることも期待できます。

「できるだけ早く売りたい」「できれば高く売りたい」とお考えの売主の方には、直接取引を行っている不動産会社に依頼してみてはいかがでしょうか。

>>マンション買取で信頼できるおすすめ不動産会社を見る