HOME » <種類別>投資マンションの売却に強い会社はココ

<種類別>投資マンションの売却に強い会社はココ

投資マンションのタイプ別おすすめ売却会社

投資マンションとひとくちにいっても、ワンルームもあればファミリータイプ、さらに一棟マンションなどさまざまな種類があります。

そこで、このコンテンツでは各タイプの売却に強い会社をピックアップして紹介。各社の強みを説明するほか、会社選びのポイントや売却時の注意点などもまとめて案内します。

ワンルームタイプ

投資マンションのなかでもっとも多いのが、ワンルーム・単身タイプです。比較的安価に手に入るため、サラリーマンや公務員でも手に出せるというメリットがある一方で、利回りが比較的に低いこと、さらに長期の保有後の売却が難しいという一面もあります。ゆえに、売却時には会社選びが重要なポイントとなります。

>>ワンルーム・単身タイプに強い会社はこちら

ファミリータイプ

ファミリータイプのマンションは、一説に空室リスクが高いとされます。その理由は、月々に支払う家賃よりも分譲を購入して支払うローンのほうが安いなど、需要が見込めないことが挙げられます。しかし売却となれば、投資家だけでなく、「買って住みたい」という一般の方までターゲットが広がるというメリットもあります。

>>ファミリータイプに強い会社はこちら

一棟マンション

一棟マンションは、上記の区分所有マンションと違い、建物全体の状況(大規模修繕履歴も含む)や土地の境界など、オーナーの管理責任が重くのしかかります。ゆえに買主も限られるため、売却にはそれなりの実績を持った会社に依頼することが大きなポイントとなります。

>>一棟マンションに強い会社はこちら

投資マンションをより早く&高く売却するために

いずれのタイプにも共通していえることは、不動産会社の選び方が重要なカギを握るということでしょう。

不動産会社のなかには、仲介手数料をより多く得ようと両手取引や囲い込みといった自社の利益優先の取引を行っているところもあります。

こうした手法をやられると、いつまでも売れない、値下げしないと売れないなどオーナーにとってデメリットが多いので注意が必要。会社選びの際には、売却価格だけでなくスピードの早さなど対応力を見極めることも大切です。