ワンルーム・単身タイプ

ワンルームマンション売却におすすめの不動産会社はココ

hayagai
【引用元】HAYAGAI公式サイト
https://www.hayagai.com/

ワンルームマンション投資を専門とするプロフェッショナル集団・Fan's。賃貸・分譲から管理や税務相談、売却までのトータルサポートが魅力の会社です。

数ある投資マンション売却会社の中でも、ワンルームマンションの売却ではFan’sが良いとされる理由を3つまとめました。

売り時を見定めている人、より正確な査定をしてもらいたい人、そして、より早く高く売りたい人は一度相談してみることをおすすめします。

会社名 株式会社Fan's
住所 東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5F
営業時間 10:00~20:00
URL https://www.hayagai.com/

Fan'sにワンルームマンションの売却を依頼したくなる3つの理由

1.入金最短3日・手数料0円のスピーディ&高額買取

簡易査定は最短10分、査定も最短翌日。さらに最短3日で現金化が可能という驚異的なスピード。

価格交渉や契約条件の調整も直接対応してくれるため、条件さえ合えば、とにかくスピーディな売却を実現できます。

また直接買取を行っているため、仲介手数料は一切不要。通常、売却価格の3~5%はかかる手数料が必要ないため、より高い価格で売却することも可能です。

2.ワンルームマンション専門の豊富な知見と正確な査定

ワンルームマンション投資に特化しているため、この分野の知見の深さには信頼をおけます。豊富な知見をもとに、適正な査定額を迅速に提示してくれるのも安心です。

独自調査による市場のマーケティングをもとにしたコンサルティング力は、多くの投資家から好評。

「いま、売るべきなのか」「他社で提示された査定額が不満」といった売却に関する相談にも、ワンルーム投資に特化しているからこその長期的・総合的な目線で解決に導く提案をしてくれます。

3.面倒な売却後の税務処理も手厚くサポート

Fan'sには顧問税理士がいるため、ワンルームマンション投資に関する税務相談ができます。

売却後の面倒な税務処理や確定申告なども、手厚くサポート。給与所得との損益通算や、不動産の所有期間による税率の違いなど、プロに相談することで節税にもつながります。

ワンルームマンション売却時の注意点

ワンルームマンションの売却で、もっとも注意したいのは売却のタイミング

ワンルームマンションワンルームマンションはファミリータイプの物件と比べて安いため、サラリーマンでも手に入れやすいもの。立地やデザインなどが良ければ空室リスクを抑えられるメリットもあります。

一方、実質利回りの低さや資産価値としての下落率が激しいことがデメリットでしょう。とりわけ新築物件の場合、下落率は築5~10年になると3割ほど下がるともいわれています。

「中古のワンルームは売りづらい」と積極的に売却活動を行わない不動産仲介会社もあるほど。

そんな中、最近投資家のあいだで注目を集めているのが直接買取を行う不動産会社。

あいだに仲介会社が入ることもないため、マージンが発生せず、その分高い売却額を期待できます。

金額面や契約条件などが一致すれば、即売却も可能。まとまったお金を早急に手に入れたい、という方にもピッタリでしょう。

とはいえ「買取だと、市場価格より安くなる」という声もよく耳にします。

買取を行う多くの会社は買取から再販までを一貫対応しています。できるだけ安く買い取り、高く売ることができれば、不動産会社にとってのうまみも大きいわけです。

簡易査定は最短10分、訪問査定は最短1日、入金は最短3日のスピードその点、上記で紹介したFan'sであれば、ワンルームマンション専門の会社だからこその豊富な知識・経験から、正確な査定額を提示してもらうことができます。

さらに簡易査定は最短10分訪問査定は最短1日のスピードに加えて、最短3日で入金してもらえます。

"いつまでも売れずに値下げせざるを得ない状況に陥るか"、
"適切な査定額ですぐに売却して次の物件購入へとつなげるか”なのです。

ワンルームマンション投資の失敗事例とその対策方法

投資マンションを所有する上で、失敗事例やその対策法などは把握しておくべきです。把握することで投資を失敗させる可能性や何らかのリスクを低減させることができるからです。そこで、ワンルーム投資における失敗事例とその対策方法を紹介します。

ワンルームマンション投資の失敗事例

①新築ワンルームは高い売却値が望めない

新築物件は、当面設備面における故障や不具合が見られないので、手間や修繕費がほとんどかかりません。これはマンションに関しても同様のことがいえます。

マンションに限ったことでいえば、近年の耐震偽装が社会問題に上がったという背景もあり、ここ数年の間に建てられたマンションは「法規制に則って建てられた信頼できる物件」という安心感もあります。

しかし、新築ワンルームマンションには大きな落とし穴があります。高い売却値が望めないのです。最新設備が整った築浅の物件でも、分譲時の7割、よくて8割くらいの売却値しか望めないでしょう。というのも、新築マンションは分譲会社の販売コストが販売価格に上乗せされて販売されるので、その分どうしても高値で販売されてしまうのです。売却値が極端に低く見積もられるというよりも、販売価格が高くついてしまうということになります。

【その失敗はこうやって防げ】

ワンルームマンションを購入するなら中古がベター

最も手っ取り早い対策法は、新築のワンルームマンションに手を付けないという方法です。実際、不動産業界の人間は新築ワンルームマンションを絶対購入しないといわれています。それほどリスクが高い物件なのです。

購入するのであれば中古のワンルームマンションにしましょう。新築のそれとは違い、適正な価格で購入でき、かつ販売価格も主にその時点での需要と供給で決まるからです。

もし現時点で新築ワンルームマンションを所有しているのであれば、損失の拡大を防ぐために、売却のタイミングはなるべく早く見切るようにしましょう。

②節税効果が得られない

投資マンションを所有した場合、その初年度はマンション購入にかかった諸経費と減価償却費が計上され、結果的に大きな節剤対策に繋がります。しかしそれはあくまで初年度のみにおける話です。2年目以降は管理費や修繕積立金、固定資産税や都市計画税など、様々な経費がかかるようになります。

不動産も家賃収入も得られ、さらにそれにかかる税金が安い。そんな恩恵が何年も続くことはありません。目先の利益のことだけを考えると、後々かかってくる経費の負担の重さに苦しめられる羽目になってしまいます。

【その失敗はこうやって防げ】

節税対策を目的とした不動産投資をしない!

間違っても「節税を目的としたマンション投資」はするのはNGです。不動産投資の目的は、長期に亘って安定した収益を得ることにあります。不動産会社によっては、あたかも長期に亘って節剤効果が得られるような感じでワンルームマンションを推し進めてくることがありますが、決してそのようなことはありません。

ワンルームマンションを購入する際は「初年度と2年目以降ではかかってくる経費や税の内容が異なる」ということをふまえ、その上で長期に亘って安定した収益を見込める物件を探すようにしましょう。

③利回りの低下

ワンルームマンションを利用した不動産投資が人気がある理由はいくつもありますが、その1つに物件の安さが挙げられます。特に地方にある中央都市のマンションは、家賃の相場からすると安く販売されていることが多く、不動産投資を始めたばかりの方がよく食いつく傾向にあります。

しかし、そこに落とし穴があります。気を付けないといけないのは、相場的に安く販売されているワンルームマンションが必ずしも良い利回りとなるとは限らないとうことです。

利回りは、あくまで想定した家賃で入居者が獲得できて初めて確定します。つまり、入居者がいないと当然見込んだ収益が得られないどころか、損をする可能性があるのです。専門業者にサブリースや家賃滞納保証を依頼したとしても、当初結んだ契約内容が変更されることも十分考えられます。

【その失敗はこうやって防げ】

販売価格は二の次 利回りが良いかどうかの判別が大事

この問題の対策法は、ズバリ「利回りの良い物件を探す」、これに尽きます。利回りの良い物件には2つの要素が含まれています。

1つは立地の良さ、そしてもう1つは競争力の高さです。

立地の良さはいわゆる総合的な住環境のことをいいます。周辺環境や駅との距離などがそれにあたります。当然駅から近く、かつ周辺に病院やスーパー、学校などがあり、さらに治安の良い地域が好まれる傾向にあります。

競争力は、物件としての設備面や販売価格などのことをいいます。どんなに立地が良くても、設備面に不備が見られるようなボロボロの物件は敬遠されます。また、ワンルームマンションの相場にそぐわない価格に設定した場合も入居者に敬遠されます。

ただ、逆にいえばこれらをクリアしている物件であれば十分投資マンションとして機能する見込みがあります。 地方の中央都市に目を引くようなワンルームマンションが売られていた場合は、この2点を念頭に置いて購入の検討を図ると良いでしょう。

ワンルームマンション投資の出口戦略で失敗しないためには、Fan'sのようなワンルーム専門かつ直接買取を行い、しかも査定~売却~入金のスピードが早い会社の協力が不可欠でしょう。